青汁とアンチエイジング

青汁の効果

青汁の美肌効果でアンチエイジング

更新日:

アンチエイジングに効果的な栄養素は?

老化現象が起こるのは、活性酸素が原因だといわれています。活性酸素が増えると、細胞がサビついてしまい体にダメージを与えるのです。活性酸素を除去するにはビタミンCやE、βカロテンが効果的です。特にビタミンEは若返りビタミンと呼ばれるほど、活性酸素を除去する高い抗酸化作用があります。さらに、加齢とともに新陳代謝が衰えてきますから、体の代謝を高めるビタミンBを摂取するとよいでしょう。マグネシウム、カルシウム、亜鉛などのミネラル類は免疫力を高めるのに役立ちます。青汁に含まれているこれらのビタミン群やミネラルはどれもアンチエイジングに欠かせない栄養素です。さらに、大麦若葉にたっぷり含まれているSOD酵素にも活性酸素を除去する力がありますし、ケールと明日葉にはメラトニンが豊富に含まれています。メラトニンは生活リズムを整えてくれる成分ですが、最近の研究で老化を防ぐ役割も果たす効果が発見されています。さらに抗酸化作用、抗うつ作用にも効果的だと言われているので、気分を上向きにしてはつらつと生活を楽しむためにも欠かせない成分です。

青汁の美肌効果でアンチエイジング

体の衰えを防ぐのは大切ですが、お肌の衰えを防ぐのも大切です。その点、青汁には美肌になれる成分がいっぱい含まれています。青汁に含まれているビタミンCはアンチエイジング化粧水や美容液などにも配合されている成分です。紫外線によって発生したメラニン色素に働きかけてシミやそばかすを防いだり、コラーゲンの生成を助けてみずみずしくハリのあるお肌を作るのに効果を発揮します。ところが、ビタミンCは水に溶けやすく、しかも熱に弱いビタミンです。食事から摂取するだけでは必要とする分を賄えないので、青汁で摂取するのは効果的なんです。さらにビタミンEは血行を良くしてお肌のツヤをよくします。できてしまったシミは、お肌のターンオーバーを正常にし、メラニン色素を排出して薄くしなければいけません。青汁に含まれるビタミンE、ビタミンB2、葉酸などの成分は新陳代謝を促して、お肌のターンオーバーを正常化させます。さらに、青汁の食物繊維は便秘を解消し、腸内環境を整えることでニキビや吹き出物などの肌トラブルを防ぐことができます。このように、青汁に含まれている栄養成分には、シミやニキビを防いでツヤのある潤い美肌を作り出すのに役立つのです。毎日の食事に青汁をプラスして、体の内側も外側もきれいになりましょう。

-青汁の効果

Copyright© 後悔しない青汁選び!美味しい青汁をランキング , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.